庭の芝刈りを行なう【空間スッキリキレイ】

除草の手間を省く

境内などに玉砂利が敷き詰められているのは、見た目の問題だけではなく、雨の日などの泥除けという現実的な部分があるのです。また別の説によると、踏み出すことにより音を立てるので穢を払ってくれるという意味があります。これは踏みしめる音が音霊となって、心を清めてくれると信じられていたからです。しかし現実には、歩きにくいといった問題があり、神社仏閣でも取り払ってしまっているところが多いです。もともと雨のたまりやすい道などに、砂利を敷いて砂利道を作っていました。ただの土を表面上に出しておくよりも、格段に水はけが良いので、日本でもアスファルト道路にとって代わられるまでは主要道路に使われていたのです。

玉砂利を家周辺、庭に敷くには気力と体力の他にも幾つかの、注意点が必要ですが素人でもできないことではありません。家の敷地内に、土の部分があれば自然と雑草が生えてきます。冬以外の全てのシーズンは、除草の必要が生じてくるのです。雑草は強いので、何度も何度も生えてきますし、除草剤は小さな子供や犬、猫を飼っている人にはおすすめはできません。玉砂利を敷いておくことで、除草の苦労は軽減されます。素人が一人で施工するには、時間と手間がかかるし知識も足りないので、造園業者さんに相談してみるとよいです。玉砂利は最寄りのホームセンターや通販サイトでも購入できますが、造園業者さんのところからの購入ならば施工代とコミで割引してくれる可能性があります。ダメもとくらいの気持ちで、聞いてみると案外と上手くいきます。